カテゴリー別アーカイブ: 登別

浮気の謝罪

浮気をしている夫に謝らせるために浮気の証拠がほしい・・との内容が多い。

そのような時、探偵はこのようにお答えします。

浮気に罪悪感を持っていない人に謝らせても意味がありません・・・と。

そもそも、不信な行動を取っている夫。

妻が何かを言えば開き直り、逆ギレをする。

そんな夫に浮気の証拠を取って謝らせたい・・・・と思っても無駄です。

仮に「すみませんでした・・・」と表面だけの言葉を言わせたところで

妻の気は晴れません。

もし、探偵に夫の浮気調査の依頼を考えているのであれば

「夫に○○をさせたい」ではなく「自分が○○するため」で検討してください。

浮気に罪悪感も持っていない夫に謝らせても意味がありません。

まずは夫の浮気問題に自分がどう立ち向かうのか?が重要です。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・登別・長万部・八雲・函館・苫小牧・伊達・室蘭 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  登別市ホームページ

カテゴリー: 登別 | タグ: | 浮気の謝罪 はコメントを受け付けていません。

離婚裁判でも往生際の悪い浮気夫

時代と共に変化するものはたくさんあります。

その変わったものとして探偵がしみじみ思うのは「離婚裁判」です。

昔の離婚裁判においての慰謝料の争点は「金額」だった。

夫が浮気をして妻が離婚を要求する。

妻の請求金額は500万円。

だが、夫は500万円の金額が高い・・・と争う。

夫は浮気をした自分が悪いのは認めるが、金額はもう少しまけてくれ・・・と

いうものが多かった。

だが、今の離婚裁判においての争点は「俺は悪くない」・・・が多い。

夫の浮気が発覚する。

妻が離婚を決断し、夫に慰謝料500万円を要求する。

夫は「そもそも浮気などしていない、俺は悪くない」と主張するのです。

一緒に旅行に行っていたが、浮気の関係ではない・・・

家を出て、その女性と暮らしているが、あくまでも同居人である・・・

ラブホテルに行ったのは認めるが、カラオケをしていただけ・・・

路上でキスをしていたのは認めるが、イタリアではみんなしている・・・・

とにかく延々と言い訳をするのである。

ある意味、昔の浮気人たちは往生際が良かったのです。

離婚裁判の今と昔を比べると、だんだんと人の質の低下を感じる。

互いの人生に責任を持つことの約束が結婚です。

そして、その約束を浮気という形で破ったのであれば、潔くしなさい。

裁判でダラダラ、グタグタと言い訳するのはかっこ悪いですよ。

(株)アイシン探偵では、
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・室蘭・登別・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。
(株)アイシン探偵  登別市ホームページ

カテゴリー: 登別 | タグ: | 離婚裁判でも往生際の悪い浮気夫 はコメントを受け付けていません。

登別探偵 癖は治るか・・

例えば、夫の浮気。

もし、それが二度目の浮気発覚であれば、それは「浮気癖」です。

探偵はたくさんのケースを見てきていますが、「浮気癖」は治りません。

どんなに言葉で謝ろうが、反省しているように見えても、

その夫が未来に浮気をする可能性は90パーセントです。

酒癖、ギャンブル癖・・・ は治らない。

でも、浮気癖はもっと治りません。

夫の二度目の浮気が発覚。

その場合、三度目の浮気を想定して、色々な決断をしてください。

(株)アイシン探偵では
登別・室蘭・伊達・函館・北斗・札幌・旭川・名寄・釧路  他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵   登別ホームページ

カテゴリー: 登別 | タグ: | 登別探偵 癖は治るか・・ はコメントを受け付けていません。