カテゴリー別アーカイブ: 札幌

家出、失踪人調査

家族が突然、家出、失踪をしてしまった場合、第一に考えるべきことは、

自殺の可能性が予見されるのか、そうでないのかです。

例えば、対象者が鬱病などの場合、至急の対応が必要です。

速やかに警察に家出人届けを出し、本人の病気の症状を強く訴えてください。

場合によって警察が「特異家出人」として

家出人届けを受理してくれる場合があります。

その場合、警察の積極的な捜査が期待できます。

一般家出人の場合、警察は関与をしません。

※ 特異家出人
  誘拐などの事件性がある場合
  認知症、精神疾患などによる自給無能力者

※ 一般家出人
  事件性のない場合  
  自らの意思で家出、失踪した場合

また、自殺の可能性がない場合(極端にその可能性が低い場合)は

まずは対象者の友人、知人などからの情報収集をする。

その場合、できるだけ電話ではなく、直接訪ねて行き、話を聞いてください。

友人、知人は対象者から口止めをされ、嘘を言っている場合もあります。

その場合、電話ではその嘘が見破れません。

また直接、友人、知人に会うことで、より細かな情報が得られます。

(株)アイシン探偵では北海道全域で

家出人調査・失踪人調査・盗聴器発見調査・素行調査・浮気調査 など

様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  ホームページ

カテゴリー: 札幌 | タグ: | 家出、失踪人調査 はコメントを受け付けていません

妻の浮気と親権

妻の浮気が急増しています。

そして妻の浮気問題で離婚をすることになり、親権についての争いも増えています。

夫としては、妻が浮気をして子供の親権まで取られることに憤りを感じる。

仮に夫が親権を争って裁判までしても、裁判所は画一的に親権を妻に認める。

妻が浮気をしていようが、離婚の理由が妻にあろうが、

夫の言い分はほとんどが考慮されないのが現実です。

あくまでも「母子優先」が日本においての原則なのです。

ニュースでは交際相手の女性の子供を殺す事件も多発している。

このような事件をなくすためにも、親権者は「母親」が良いのか?

「父親」が良いのか?を調停員も裁判官も十分に判断してほしいと思います。

ですが現状で夫が子供の親権を妻と争っても親権を得られる可能性はほとんどないのです。

仮にアナタが妻の浮気で離婚を決断、そして親権も妻に渡さなければならない。

そのときには「面会交流」についてキチンと決めておき、

子供の異変に気づける体制をとっておくことが必要です。

(株)アイシン探偵では札幌を拠点に、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・家出人調査・盗聴調査・ストーカー調査 他
様々な調査を承っております。

カテゴリー: 札幌 | タグ: | 妻の浮気と親権 はコメントを受け付けていません

浮気調査 離婚の決断と時間の無駄遣い

例えば、夫の浮気が発覚する。

夫は開き直り逆ギレをする。

そんな夫に対して妻は悩み、迷ってしまう。

だが日増しに夫の態度は悪くなっていった。

ある日、夫が家に帰って来なくなる。

浮気相手の女性宅で同棲を始めだしたのであった。

奥さんは調停を起こし、夫に対して婚姻費用の申し立てをする。

調停で「婚姻費用」の金額が決まるのだが、ごくわずかな金額であった。

金額的には離婚した場合、一人親手当てより低い金額である。

夫は何度も妻に離婚を要求してきた。

慰謝料の提示金額も、相場より高額である。

だが奥さんは絶対に離婚を承諾しない。

奥さんは「絶対に離婚しない」と夫のどんな提示もはねのける。

このような状況に置かれている奥さんたちも多い。

当然、夫が浮気をしていて、妻に離婚を要求したところで、

有責配偶者(夫)からの離婚は認められない。

妻が離婚に合意しなければ、離婚は成立しないだろう。

奥さんは意地で離婚をしないでいることも当然、できる。

でも、探偵は「人生の時間」も考えなければならないと思います。

夫としての自覚も責任も持たない夫に対して、

妻の意地を貫いて費やされる人生の時間。

この点も考えなくてはなりません。

妻の意地と人生の時間。

大切な人生の時間を費やしてまで、その意地は必要ですか?

(株)アイシン探偵事務所では北海道全域にて
行動・素行調査、企業調査、家出失踪調査など様々な調査を承っております。

カテゴリー: 札幌 | タグ: | 浮気調査 離婚の決断と時間の無駄遣い はコメントを受け付けていません