月別アーカイブ: 5月 2019

浮気の兆候 「離婚の要求」

配偶者が突然、離婚を要求してきた場合、9割は浮気をしています。

浮気がバレないうちに離婚してしまおう・・・作戦です。

夫が突然、離婚を要求してきた。

俺はもう君を愛することはできない・・・

俺は疲れた、独りになって考えたい・・・

もうお前を女として見ることはできないんだ・・・

お互いに一度、距離をおいて考えよう・・・

妻が突然、離婚を要求してきた。

もうアナタのことを生理的に受け付けない・・・

アナタはいつも家庭を省みなかった・・・

もうアナタと一緒に生活することはできない・・・

アナタの配偶者が突然、上記のようなことを言ってきた場合は、

繰り返しですが、相手は浮気をしている可能性が極めて高いのです。

そのような時は、毅然と言い切ってください。

そんな理由で離婚しません・・・・・と。

探偵はハッキリと言います。

配偶者が突然、離婚を要求してきた場合、相手は浮気をしています。

(株)アイシン興信所では
帯広・釧路・根室・網走・北見・旭川・滝川・岩見沢・札幌  他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  岩見沢市ホームページ

カテゴリー: 岩見沢 | タグ: | 浮気の兆候 「離婚の要求」 はコメントを受け付けていません。

裁判に絶対は無い

例えば、夫の浮気で悩んでいる奥さんからご相談をされる。

「夫の浮気は間違いありません」

「だから証拠を取って絶対に慰謝料を200万円以上取りたいのです」・・・と。

だが、探偵はこのようなご相談をお受けした時、

「離婚裁判に絶対はありません」とお答えします。

同じような案件を仮に10人の裁判官がそれぞれに判決を出すとしたら、

個々の裁判官によって慰謝料などの金額は変わってきます。

慰謝料の金額などは、その裁判官の主観が左右するのです。

また、裁判には「流れ」があります。

最初から自分に優位に進む場合もあれば、その逆もある。

最近は女性の裁判官も増えて入るが、探偵が関わったケースで言えば、

明らかに女性の裁判官は「女性」に厳しい判決を出す。

ですから、配偶者の浮気問題で離婚裁判を起こす場合、

自分のおもいを力いっぱい主張し、

後はなるようになれ・・・との開き直りが必要です。

探偵は繰り返し、ハッキリと言います。

離婚裁判に「絶対・・・・・・」はありません。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・小樽・石狩・留萌・紋別・網走・釧路・根室・帯広 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  帯広市ホームページ

カテゴリー: 帯広 | タグ: | 裁判に絶対は無い はコメントを受け付けていません。

「離婚しない」という強い意思を持つ

例えば、夫の浮気問題。

だが、夫は「根拠もないのにいい加減なことを言うな・・・」と開き直る。

奥さんは悩んだ末に夫の浮気調査を依頼する。

そして、夫の浮気証拠を得た。

だが、これで夫の浮気問題が解決するわけではありません。

奥さんが夫に対して「浮気の証拠」を突きつけても、

夫が開き直ってしまえば、どうするのか?を考えておく必要があります。

探偵まで使って、お前はどうしたいんだ・・・・

それじゃ、離婚すればいいだろう・・・・

俺はこの家を出て行くからな・・・・ と夫が逆ギレをする。

その時、「浮気の証拠」より「覚悟」が重要です。

私はアナタの浮気を許しません・・・・

キチンと浮気相手とは別れなさい・・・・

離婚などするつもりはありません・・・・と夫に言い切る必要があるのです。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気問題が発覚する。

浮気の証拠は奥さんにとって大きな武器にはなります。

でも、浮気の証拠も覚悟があってこそ「武器」になるのです。

(株)アイシン探偵では
名寄・稚内・紋別・網走・釧路・根室・帯広・旭川・滝川・札幌 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  名寄市ホームページ

カテゴリー: 名寄 | タグ: | 「離婚しない」という強い意思を持つ はコメントを受け付けていません。