カテゴリー別アーカイブ: 北斗

父親にはまだまだ不平等な社会

夫の浮気調査より、妻の浮気調査が多い。

つまり、妻の浮気が夫の浮気より多いのです。

そして、妻の浮気に対して「法律」も「社会」も夫に対しては不平等なのです。

まず、子供が幼い場合は「母子優先」で、夫が親権を取れることは少ない。

また、ありもしない「夫のDV」をでっち上げ、

「保護命令」を裁判所に申請する妻も多い。

夫が自分に近づくことができないようにしておいて、

自分は浮気相手の男性と同棲をする。

中には浮気相手の男と同棲しながら、夫に対して「婚姻費用」を請求してくる妻もいる。

また、警察の対応も、「DV被害者の妻」、

「DV加害者の夫」と決めつけて、夫の言い分を聞こうとしない傾向がある。

調停でも、妻は弱者、夫は強者と決めつけてくる調停員も多い。

いずれにしても、「社会」も「法律」も夫(男)は不利なのです。

妻の浮気問題に直面している夫たちへ。

これから、アナタは不利な戦いに挑まなければなりません。

だからこそ、自分が不利であることを自覚して、準備をして下さい。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・登別・室蘭・伊達・函館・旭川・北見・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  北斗市ホームページ

カテゴリー: 北斗 | タグ: | 父親にはまだまだ不平等な社会 はコメントを受け付けていません。

浮気問題 二度目の涙を流さない為に。

妻の浮気が発覚する。

妻は反省していると言っているのだが・・・・

夫は妻の浮気という現実を受け入れられず、ただひたすらに涙が出た。

そして、夫は妻と離婚しないことを決断する。

半年後、また妻の浮気が発覚する。

その浮気相手との関係が続いていたのだ。

夫の浮気が発覚する。

妻はまだ子供が小さいため、離婚についてはためらいがあった。

そして夫は開き直り、逆ギレをしている状態であった。

1年後、夫の浮気相手の女性が妊娠をする。

夫はそのことをふまえ、妻に離婚を要求してきた。

どちらのケースも浮気をされた方は、二度目の涙を流すのです。

探偵はハッキリと言います。

二度目の涙は、一度目の涙より何倍も辛いのです。

(株)アイシン探偵事務所は北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴器発見調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  北斗市ホームページ

カテゴリー: 北斗 | タグ: | 浮気問題 二度目の涙を流さない為に。 はコメントを受け付けていません。

探偵北斗 言葉には覚悟をもって

例えば、夫の浮気・・・・

夫に浮気を問いただしても、逆ギレをしてくるだけ。

妻はそんな夫に対して、勝負をかけることにする。

「アナタが浮気を止めなければ、離婚します・・・・」と。

だが、離婚という言葉は、その覚悟を持たずに言ってはなりません。

離婚と言えば、夫は私に謝ってくれて、浮気を辞めてくれるわ・・・などの

楽観的な想定はダメです。

仮に「浮気を止めなければ、離婚よ」と夫に言うのであれば、

本当に離婚を覚悟していなければ、夫に軽く見られるだけです。

探偵はハッキリと言います。

覚悟がないのに「離婚」と言う言葉を使ってはいけません。

離婚とう言葉は覚悟を持って使わなければなりません。

(株)アイシン探偵社では、北海道全域で
浮気調査・素行調査・盗聴器発見調査・失踪人調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵社  北斗市ホームページ

カテゴリー: 北斗 | タグ: | 探偵北斗 言葉には覚悟をもって はコメントを受け付けていません。